gcloud compute instancesコマンドでVMインスタンスのコントロールをする

ゾーン us-west1-b のインスタンス名 example に対する操作を行う例を書いていきます。

インスタンスの一覧を見る

gcloud compute instances list

インスタンスの起動

gcloud compute instances start example --zone us-west1-b

asia-northeast1-b ではGoogle Cloud側のリソースが足りないのか、一旦停止したVMが起動できないことがあります。こういう時に定期的にCLIからstartを試みるスクリプトを書いて放置しておくことがあります。このコマンドは起動に失敗していても成功したような結果を返すことがあるので注意が必要でした。そもそもリソースが足りなくて起動ができないっていうのは例外中の例外なのかもしれないですね。

インスタンスの詳細を確認

gcloud compute instances describe example --zone us-west1-b

インスタンスの停止

gcloud compute instances stop example --zone us-west1-b

停止には結構時間がかかるみたいです。起動は実行すると数秒で立ち上がりのIP等を返して起動成功したような結果を返しますが、停止コマンドは停止が完了するまで待機しているのでわかりやすかったです。

おわり

GCEは超低価格で個人から業務クラスでも使えるレベルなので重宝していますが、まだまだ安定していないような印象を受けます。今後に期待大です。

あと個人的に最近熱いのはGCS。ファイルのバックアップ、一時ファイル置き場とかに使えます。もう少し使っていけば慣れてきて、自由に使い回せるようになるのではないかなと思っています。(精神的ハードルがあり積極的な活用に至っていない。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA