Vagrantでbridgeをする

config.vm.networkpublic_network を指定することで vagrant up 時にインターフェースを指定して起動できます。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "bento/ubuntu-18.04"
  config.vm.network "public_network"
end

予め指定することもできます

config.vm.network :public_network, bridge: 'en0: Wi-Fi (AirPort)'

しかし環境によって違うので、素直に毎度指定すればいいかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA