カテゴリー
未分類

Rubyのtimesとforで指定した回数のループを行う

Rubyでの指定した回数のループではtimesメソッドとfor文の2つの選択肢がある。

timesメソッドは指定した回数のループに特化している

3.times do |i|
puts i
end
# 0
# 1
# 2

for文は開始の数値から終了までの数値を指定してその範囲分だけループを行う。timesではループの中で取得できる数値は0から開始となっていたが、forを使えば取得できる数の開始値を設定できるという違いがある。

for i in 1..3
puts i
end
# 1
# 2
# 3

これと同じ処理をtimesメソッドを使って書くとこうなる

3.times do |i|
puts i + 1
end

変数を操作する必要があり、1から3の数値が欲しいという場面ではfor文を使うのが記述量が少なくて済むことが分かる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA