Railsのエラーメッセージをコントローラーやモデル内から取得する

Model.saveModel.update_attributesをした後のエラーメッセージはModel.errorsに格納されている。

Model.errors

Rails runnerでコードを実行した時にエラーメッセージを確認するような場面で有効である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA