Apple Watchで広がる可能性

[image HOkspEuZ15kHJ0VlkXwbc]

Apple - Apple Watch - ギャラリー

Apple WatchにはTaptic Engineという機能が搭載されている

Apple Watchには、Taptic Engineと呼ばれるリニアアクチュエータが内蔵されていて、あなたの触覚に働きかけます。もっとわかりやすく言うと、あなたの手首を軽く叩きます。あなたがアラートや通知を受け取ったり、デジタルクラウンを回す、ディスプレイを押すといった操作をすると、操作の種類ごとに区別できる触覚的な刺激を感じます。Taptic Engineは、あなたの知覚とより深く関わりながら、特別に設計されたスピーカードライバから発せられる微細な音の合図を使い、控えめで洗練された、感覚的な体験を生み出します。

Taptic Engineは今までの、視覚、聴覚での情報の入力経路以外に、触覚という入力経路を新たにもたらす。

主に視覚と聴覚の情報においては、情報量が多すぎて見落とすということがあるが、触覚については情報量が少ないため見落とすということが少ない。

触覚という入力経路に携帯のヴァイブレーション機能が存在するが、ポケットに入っており、肌に直接接触していないためか不完全な機能であった。Apple Watchは他のApple製品とも強力に連携するため、時間を有効活用する上で必須アイテムとなるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA