格安SIMを使いスマートフォンを安く持つ

格安SIMを利用すれば端末と通信を別々に考えられる事ができ、DocomoauSoftbankといったキャリアの複雑なプランや2年縛りを考慮し、最適なプランを模索するために時間を割くことなく、簡単快適にスマートフォンを利用できるようになる。

だが、各キャリアに存在する通話料無料サービスなどはないので、電話をたくさんかける消費者より、データ通信を主体とし、音声通話は保険として持っておきたい消費者におすすめである。

SIMロックが主体となっている日本でも、SIMフリー普及の動きが進められている。総務省では、2010年にキャリアや携帯メーカーとSIMロック解除することで合意したと報じられたが、あまり進展が見られなかったため、2015年度には各キャリアのSIMロック解除を義務化する方針を決めた。

全ての端末をSIMフリーにすることでキャリアによる2年縛り等が無くなり、消費者が自由にキャリアを乗り換えられるようになる。これによって価格競争が促進され、高止まりした通信料金や機種代などを下げる効果が狙われている。
2014年の調査では、SIMフリー端末を検討する人の割合が全体の1割に上っており、通信を自由に選びたいと考えるユーザーが増えたため、キャリア離れが加速しているとみられている。

なお2014年現在では、GoogleNexus 5を販売したり、アップルがiPhone 5sやiPhone 5cをいずれもSIMフリーで単体販売するようになった。このようにキャリア販売を経由しないSIMフリー端末や、契約不要で本体のみ購入できる端末、グローバルモデルの販売も広がっている。
Wikipedia - 日本国内でのSIMフリー

データ通信に090/080/070の音声通話が付属するSIMをリスト化した。各社の料金やサービスに今のところ大きな差はないようだ。現在はみおふぉんを始めとし、LTEの上限を改善するなどの対応が行われている。

IIJmio高速モバイル/Dサービス
b-mobile|日本通信
mineo(マイネオ)
うれスマ(電話番号付き)
So-net モバイル LTE
hi-ho LTE typeD

以下の点に注意したい

  • ホームページで分かりやすい説明に努めているか、説明は不十分ではないか
  • カスタマーサポートはあるか
  • 高速データ通信を使い切った後の低速通信の速度
  • 最低利用期間があるか
  • 初期費用はあるか
  • 音声通話がオプションではないか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA