JavaScriptのオブジェクト

オブジェクトを作成する

var hoge = {
bar1: '文字列',
bar2: false,
bar3: function() {}
};
console.log(hoge.bar1);
console.log(hoge.bar2);
console.log(hoge.bar3);
// 文字列
// false
// [Function]

配列みたいな感じでも呼び出せる。長文を書くときは統一するといい。

console.log(hoge['bar1']);
console.log(hoge['bar2']);
console.log(hoge['bar3']);

hogeはオブジェクトであると宣言さえすれば、このように文字列を代入することもできる

var hoge = {};
hoge.bar4 = '文字列1';
hoge['bar5'] = '文字列2';
console.log(hoge.bar4);
console.log(hoge['bar5']);
// 文字列1
// 文字列2

オブジェクトのプロパティに配列を持ったり、オブジェクトのプロパティにさらにオブジェクトを無限に持つことができる。

var hoge = {
bar1: [1, 2, 3],
bar2: {
foo1: 'string1',
foo2: 'string2'
}
};
console.dir(hoge);
// { bar1: [ 1, 2, 3 ],
//   bar2: { foo1: 'string1', foo2: 'string2' } }

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA