開発環境のLinuxで時間のずれを修正する

Linuxで時間のずれを修正したいときはこうする

[vagrant@localhost ~]$ sudo date -s "2015/03/29 19:05:00"
2015年  3月 29日 日曜日 19:05:00 EDT
[vagrant@localhost ~]$ date
2015年  3月 29日 日曜日 19:05:04 EDT

設定した通りになるので、例えば未来の値、過去の値、それぞれの検証結果を知りたいときはこれを利用して好きな時間を設定できる。開発環境では現在の時刻に自動的に合わさる必要性は私の中では特にない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA