第二回 Raspberry Pi 3をステルス機能が有効のアクセスポイントに接続させMacからSSHで接続する

第一回 Raspberry Pi 3のセットアップと初回起動に続き今回はネットワークに接続しSSHでMacからアクセスします。

Raspberry Piは現段階ではSSIDを公開しているアクセスポイントに接続するのはGUIからでもできますが、ステルスモードでSSIDを直接指定しないといけないアクセスポイントには接続できないようでした。今回は以下の記事を参考にコマンドラインでRaspberry Piのネットワーク周りの設定を行っていきます。

Raspberry Piを操作する

今回はキーボードの設定が少しおかしかったので、Raspberry PiにSSHで接続してMacから設定することにしました。Raspberry PiのTerminalから直接作業する場合はこの項目は飛ばしてください。

追記: キーボードの設定はMenu->Preferences->Mouse and keybord Settings->keyboard->Keyboard Layoutから変更できます。

まずRaspberry Pi 3を有線LANで接続し、ifconfigでローカルIPを調べMacからSSHで接続します。デフォルトのパスワードはraspberryです。ルーター側で接続できるマシンをMACアドレスでフィルタリングしている場合はここでMACアドレスをメモしておきましょう。

ssh pi@10.0.1.12

追記: ちなみにRaspberry Piはデフォルトでraspberrypi.localという名前でアクセスできるので上記のようにIPアドレスでなくても大丈夫のようです。経緯は忘れましたが、私の~/.ssh/configに上記のホストに書いてありました。それで、この追記の本題なんですが、このraspberrypi.localというのは二代目のRaspberry Piが追加されたらどうなるのだ?と思っていたら、意外と簡単に変えられるようです。これで用途に応じて名前をつけていけば良いですね。こちらのサイトが参考になりました。

Raspberry Piを無線LANに接続する

次に無線LANの設定をします。以下のコマンドを実行すれば無線LAN設定が/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confに書き込まれます。wpa_passphrase [SSID] [PASSPHRASE]を単体で叩いて出力された設定をsudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confで手作業で書き込んでもOK。

sudo sh -c "wpa_passphrase [SSID] [PASSPHRASE] >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

ステルスモードの場合は更にscan_ssid=1という記述を追加します。sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confとして設定ファイルを開いたら以下のようになるようにscan_ssid=1を追加してください。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=GB
network={
ssid="home"
#psk="password"
psk=d04b98f48e8f8bcc15c6ae5ac050801cd6dcfd428fb5f9e65c4e16e7807340fa
scan_ssid=1
}

書き込みが完了したらsudo shutdown -h nowで停止してからLANケーブルを外し、再度Raspberry Piを起動します。sudo rebootしてすかさずLANケーブルを外してもいいかもしれませんw

最後にもう一度IPを調べなおして再接続しましょう。

scan_ssidを追加しなくても接続できたんですが、再起動してから接続までに30秒ほど時間がかかり不思議に思っていましたが、この記述を追加することで、再起動後即時でアクセスポイントに接続されるようになりました。@longroofさんに教えて頂きました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA