Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

IntelliJのサイドバー(プロジェクト)ウィンドウを閉じるショートカット

cmd+1で閉じれる

ノートパソコンで開発しているとウィンドウが足りない。かといって外付けディスプレイを無駄に付けても身動きができなくなってマンネリ化するし、外で開発する時にやる気がでなくなってしまう。ノートパソコンでどこでも開発できるようになりたい。

ノートパソコン上の作業スペースを最大まで拡大しつつ、必要に応じてプロジェクトウィンドウなどを即座に開けるように訓練すれば可能。

Ubuntu Serverでディスクのフォーマットから自動マウント設定までをコマンドで行う

大まかに分けて下記のステップで作業することになります。

  1. 自分が接続したディスクがなんという名前で認識されているか確認
  2. ディスクのフォーマット
  3. 自動マウント設定

ディスクの確認

$ sudo fdisk -l
Disk /dev/sda: 238.5 GiB, 256060514304 bytes, 500118192 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: gpt
Disk identifier: 2D087494-BD71-488D-9A6D-1B677405EA4E
Device     Start       End   Sectors   Size Type
/dev/sda1   2048 500118158 500116111 238.5G Linux filesystem

ディスクのフォーマット

ディスクのパーテション削除をする

$ sudo fdisk /dev/sda
Welcome to fdisk (util-linux 2.27.1).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.
Command (m for help): d
Selected partition 1
Partition 1 has been deleted.
Command (m for help): w
The partition table has been altered.
Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

ディスクのパーテションが削除されたことを確認

$ sudo fdisk -l
Disk /dev/sda: 238.5 GiB, 256060514304 bytes, 500118192 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: gpt
Disk identifier: 2D087494-BD71-488D-9A6D-1B677405EA4E

パーティションを作成

$ sudo fdisk /dev/sda
Welcome to fdisk (util-linux 2.27.1).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.
Command (m for help): n
Partition number (1-128, default 1): 1
First sector (34-500118158, default 2048):
Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (2048-500118158, default 500118158):
Created a new partition 1 of type 'Linux filesystem' and of size 238.5 GiB.
Command (m for help): w
The partition table has been altered.
Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

ext4でフォーマット

$ sudo mkfs.ext4 /dev/sda1
mke2fs 1.42.13 (17-May-2015)
Found a gpt partition table in /dev/sda
Proceed anyway? (y,n) y
Discarding device blocks: done
Creating filesystem with 62514774 4k blocks and 15630336 inodes
Filesystem UUID: 49793e27-e2c2-45fa-b34b-7dfecf0292b7
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872
Allocating group tables: done
Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

自動マウント設定

blkidでUUIDを確認する

$ sudo blkid /dev/sda1
/dev/sda1: UUID="hogehoge" TYPE="ext4" PARTUUID="piyopiyo"

/etc/fstabを編集する

$ sudo vi /etc/fstab

ファイルの末尾に下記のように記述

UUID=hogehoge /mnt/ssd2 ext4 defaults 0 0

再起動

sudo reboot

/mnt/ssd2にディスクがマウントされているはずです。

参考

Linuxでディスク一覧を確認する

接続されているディスクを確認する方法。

$ lsblk
NAME                   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda                      8:0    0 238.5G  0 disk
└─sda1                   8:1    0 238.5G  0 part
sdb                      8:16   0 931.5G  0 disk
└─sdb1                   8:17   0 931.5G  0 part
nvme0n1                259:0    0 232.9G  0 disk
├─nvme0n1p1            259:1    0   512M  0 part /boot/efi
├─nvme0n1p2            259:2    0   488M  0 part /boot
└─nvme0n1p3            259:3    0 231.9G  0 part
├─hoge--vg-root      252:0    0   231G  0 lvm  /
└─hoge--vg-swap_1    252:1    0   976M  0 lvm  [SWAP]

2.5インチHDDとSSDが認識されている。最近3.5インチHDDも使わなくなった。2.5インチは消費電力も少ないだろうし、速度にも問題なさそうだし。時代を感じる。

Ubuntu Server 16.04 LTS にDockerをインストールする

公式を参考にDockerのインストールします。まずは前提ライブラリを入れる。

sudo apt-get install -y apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common

gpgを入れる

curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

fingerprintの確認

$ sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
pub   4096R/0EBFCD88 2017-02-22
Key fingerprint = 9DC8 5822 9FC7 DD38 854A  E2D8 8D81 803C 0EBF CD88
uid                  Docker Release (CE deb) <docker@docker.com>
sub   4096R/F273FCD8 2017-02-22

リポジトリの追加

sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"

やっとインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y docker-ce

こちらを参考に通常ユーザーでもdockerを利用できるようにもしました。

sudo gpasswd -a $(whoami) docker
sudo chgrp docker /var/run/docker.sock
sudo service docker restart

Node.jsでSlackにIncoming Webhookで投稿する

var request = require('request');
request.post({
uri: 'https://hooks.slack.com/services/AAAAAAAAA/BBBBBBBBB/CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC',
headers: { 'Content-Type': 'application/json' },
json: {
username: 'namaenamae',
icon_emoji: ':ghost:',
text: 'hogehogehoge'
}
}, function(error, response, body){
if (!error && response.statusCode === 200) {
console.log(body);
} else {
console.log('error');
}
});