開発系のファイルをGoogleドライブに同期する

Googleドライブの同期ディレクトリ外に開発ファイルをおいて、そのディレクトリを定期的に圧縮してGoogleドライブ配下に置くことで解決します。私はこの方法でローカルにあるGitリモートリポジトリのみをバックアップしています。

zip -r "/Users/hoge/Google ドライブ/backup/hoge-app.zip" /Users/hoge/dev/hoge-app

Googleドライブは大量のファイルを入れるとなかなか同期されない。

Java系エンジニアであれば大量のclassファイルであったり、フロントエンドエンジニアであればnode_modulesの大量のファイルが永遠に同期されないと行ったことがあると思います。PHPだとcomposerの中身とか。本来classファイルであったり、node_modulesは別に同期しなくていいファイルなので、.google_drive_ignore みたいなファイルで無視できたらいいんですが、そんなものは調べたところないみたいです。

蛇足

Dropboxなら同期が早い

そうなんだが、今契約しているのがGoogle Driveなので統合して節約したい。DropboxとGoogle Driveを二重に契約するともったいない。

Gitリモートリポジトリを外部に立てればいいのでは

VPSやGithubを契約するお金を節約したい。GitBucketとか無料だが、なんか使いにくいし、なんか別にローカルにおいておいてもいいかなと。

PC自体のバックアップを取ればいい

MacならTimeMachineとかもあるんですけどね、家にモノ置いておきたくないし、平日は家でPCをじっと開くことがないからバックアップ進まないし、会社にTimeMachineとかバックアップ用のディスクとか置いておきたくないし、物理的にハードウェアをあまり保持したくない。なんかクラウドでやっておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA