aws-cliでS3やS3ライクなオブジェクストレージをプロファイル毎に操作する

なかなかGUIが見つかりません。GUIがあると触りやすいんですが。

仕方ないのでCLIで操作する方法をまとめて人に共有していこうと思いまとめてみます。

aws-cliのヘルプは非常に多くあり操作に問題はないと思いますが、複数のバケット等がある場合の対応がまずいちばんの問題だと思います。

プロファイルを設定する

毎度デフォルトの設定を上書きしながら使うのは大変なのでプロファイル毎に管理するのが良いです。下記のようにしてaws configureにはプロファイル名を指定することができる。デフォルトの設定は使わずに必ずプロファイルを指定してコマンドを打つと万が一のミスが発生しません。

aws configure --profile hoge

プロファイルを使ったアクセス

設定しておいたプロファイルは下記のようにして使います。これらの設定はユーザーディレクトリ配下の.awsにありますので気になる人は見てみましょう。

S3を操作する例

バケットの一覧

aws s3 ls --profile hoge

バケット内部のオブジェクトの一覧

aws s3 ls s3://badget-name --profile hoge

S3ライクなストレージの操作例

S3ではなくS3ライクと言われるオブジェクトストレージにアクセスする場合は、単にendpointを指定するだけで良いです。

バケットの一覧

aws s3 ls --profile hoge --endpoint http://radosgw.s3-like.local

バケット内部のオブジェクトの一覧

本物のS3とは違ってs3://がなくなる感じ

aws s3 ls badget-name --profile hoge --endpoint http://radosgw.s3-like.local

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA