UbuntuのIntelliJをアップグレードする

Ubuntuでのアップグレードはいろいろあるみたいだが、私は公式よりパッケージをダウンロードして、Install方法に乗っ取り./bin/idea.shを実行してインストールする。この方法を取った場合古いバージョンがあるとデスクトップのショートカットからは古いバージョンが起動してしまうので~/.local/share/applications/jetbrains-idea.desktopの中身を編集して起動ファイルにパスを通します。

[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
Name=IntelliJ IDEA Ultimate Edition
Icon=/home/hoge/dev/old-idea/bin/idea.png
Exec="/home/hoge/dev/old-idea/bin/idea.sh" %f
Comment=Capable and Ergonomic IDE for JVM
Categories=Development;IDE;
Terminal=false
StartupWMClass=jetbrains-idea

参考

https://stackoverflow.com/questions/43727870/how-to-update-already-installed-intellij-idea-on-ubuntu

Ubuntuでファイアウォールを設定する

ufwを使えばかなりシンプルに設定を変更できます。

設定リストを確認する

sudo ufw status numbered

すべてのポートを塞ぐ

デフォルトではすべてのポートが拒否されていませんでした。すべてのポートを完全に塞ぎます。

sudo ufw default DENY

特定のポートを許可

開発用に社内ネットワークから接続できるようにするときなどに下記のようにして特定ポートを公開すればモバイル端末からのテスト等が楽です。

sudo ufw allow 8080/tcp

特定のルールを削除

8080番ポートの設定を削除する場合は下記のようにします。

$ sudo ufw status numbered
状態: アクティブ
To                         Action      From
--                         ------      ----
[ 1] 80 (v6)                    ALLOW IN    Anywhere (v6)
[ 2] 8080/tcp (v6)              ALLOW IN    Anywhere (v6)             

削除したい設定番号を入れる

sudo ufw delete 2 

UbuntuでAndroid端末をUSBで接続してChromeのデベロッパーツールでデバッグする

Androidを開発者モードにしてUSBでの接続を許可したあとUSBで接続してChromeのアドレスバーに下記のように打ち込むとデバッグができます。それはiPhoneをMacに接続してSafariでデバッグするとの同じようなイメージでできます。

chrome://inspect/#devices

ただ、MacやWindowsはできるかわかりませんが、Android端末は私のUbuntuではデフォルトで検出できませんでした。Android端末自体充電はされるのですがね。

そこでまずはUSBで接続されている端末リストを出しまして

$ lsusb
Bus 003 Device 040: ID 18d1:4ee7 Google Inc. 

/etc/udev/rules.d/my-google-pixel-3.rulesというファイルを作ったら中身に下記のように記述します。

SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="18d1", MODE="0666", GROUP="plugdev"

あとはUSBを抜き差しして再接続すれば無事検出されました。多少認識は悪かったですがiPhoneとMacとの接続よりは認識しやすかったです。

参考

http://yng.hatenablog.jp/entry/2015/06/17/010021

UbuntuのWebpackでWatchが動作しない場合

Macでは普通に動作するwebpack -wなどがUbuntu上では起動しない。正確には一度コンパイルしたあと終了してしまい監視を行ってくれない。同時に複数の監視を行うと動作しないことがある。

これにはユーザーの監視数を増やすことで対応できた。

echo fs.inotify.max_user_watches=524288 | sudo tee -a /etc/sysctl.conf && sudo sysctl -p

参考

https://github.com/guard/listen/wiki/Increasing-the-amount-of-inotify-watchers

UbuntuのDockerでinsecure registryを利用する

Test an insecure registryによる下記のように設定すれば良い。

まず下記の場所に新規ファイルを作成する。同じ改装にkey.jsonなどがおいてある。

sudo vi /etc/docker/daemon.json

中に許可したいレジストリのホストを設定する。

{
"insecure-registries" : ["example.local:5000"]
}

あとはsudo service docker restartとしてdockerを再起動すればOK。