Ubuntuでバックグラウンドで動く特定プロセスの標準出力を見る

cronなどで実行する処理で数時間処理にかかるような処理が現在どのように動いているかなどを確認する時に便利。また、バッググラウンドで実行してプロセスIDだけメモっておき、後々確認する時にも便利。

sudo tail -f /proc/PID/fd/1

プロセス12345の標準出力を確認する場合は

sudo tail -f /proc/12345/fd/1

DigdagやJenkinsなどをローカルで立ち上げるのも面白いが、リソースを無駄に消費するので、別にcronでいいかなと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA