docker-compose.yml の中で環境変数を展開する

下記のようにして環境変数を展開することができる。

version: '3.5'
services:
app:
build:
network: host
context: ./
environment:
APP_MODE: ${APP_MODE}
APP_PASS: ${APP_MODE}

また.envファイルで定義することもでき、下記のようにdocker-compose.ymlと同階層で定義しておけば、ユーザー固有の定義が簡単にできる。

APP_PORT=local
APP_PASS=password

特にリポジトリにパスワード等を含めたくない時は.envファイルは.gitignoreに入れつつ、.envファイルでパスワードを定義するのが良い。

参考

https://qiita.com/friedaji/items/c1894821a2c49395cfd7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA