RustのOption型のis_someとis_none

Rustには取得できるか分からないOption型というのがあり、 SomeNone のどちらかが入っていて、これが Some だったら処理を実行したいなとか、None だったらエラー吐きたいなって時に SomeNone を判定したくなりますな。そんな時に is_someis_none ってのを返すものがあります。

use serde_json::{Value};

fn main() {
    let json = "{\"a\":1,\"b\":2,\"c\":{\"d\":3,\"e\":4,\"f\":5}}";
    let value: Value = serde_json::from_str(json).unwrap();

    let option_a = value.get("a");
    let option_z = value.get("z");

    assert_eq!(option_a.is_some(), true);
    assert_eq!(option_z.is_none(), true);
}

快便ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA