JavaScriptの配列とオブジェクトの分割代入

分割代入ができるのでコードが短くなって良いです。配列はインデックスをベースとして代入しますが、オブジェクトはプロパティ名をベースに代入ができるので扱いやすい。

const reducer = (accumulator, currentValue) => accumulator + currentValue;

let [a, b, ...c] = [1, 2, 3, 4, 5];

console.assert(a === 1);
console.assert(b === 2);
console.assert(c.reduce(reducer) === 12);

let { e, f, ...d } = { d: 1, e: 2, f: 3, g: 4, h: 5 };

console.assert(e === 2);
console.assert(f === 3);
console.assert(JSON.stringify(d) === JSON.stringify({ d: 1, g: 4, h: 5 }));

興味のない項目の無視にはじまる応用については下記参照

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/Destructuring_assignment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA