通勤や騒音のストレス対策にノイズキャンセルイヤホンのすすめ

精神的に追い詰められている時、ちょっとした音が気に触ります。

ノイズキャンセルイヤホンを使えば騒音の大部分をカットできます。

ノイズキャンセルでどう生活が変わるのか?

仕事においては

  • オフィスで苦手なBGMが流れている
  • 大きな笑い声
  • 自分や他人のキーボードタイプ音

通勤においては

  • 電車内での大きな声での会話
  • 電車や自動車の走行音
  • 駅の変わらないアナウンス

自宅においては

  • 洗濯機の音
  • 掃除機の音
  • 食洗機の音

などなどです。毎日同じ音を聞いているとだんだんと精神が疲弊してきます。同じような音はなるべくカットして、新しい音を聴くことで精神のメンテナンスをすると良いかなと思っています。

おすすめのノイズキャンセルイヤホンはBose一択

他社メーカー試しましたが、Boseと同等のノイズキャンセルはできないので、ノイズキャンセルを種目的とするならBoseで決定です。

有線のノイズキャンセル

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

有線版で安いです。

  • 寝ながら使いたい(後述の無線版は肩にかけるので寝ながら使いにくい)
  • 外であまり使うつもりがない
  • イヤホンジャックに挿して使いたい
  • 充電しながら使いたい

そんなシーンにおすすめです。

無線のノイズキャンセル

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

こっちは無線版。

  • 通勤中などの移動中に使いたい人

におすすめです。有線版に比べて少し高いですがノイズキャンセルレベルを切り替えることができるようになっています。個人的には最大以外使ったことありません。無線は接続が悪いこともあるので、無線である必要がない場合は有線が何事においてもおすすめです。

ちなみに充電しながら使うことができないので、充電し忘れたり、使う時に充電しながら使うことを想定している場合はそれができないので要注意。たまに充電忘れて渋々電車の中で騒音に耐えることがあり、とてもつらい思いをします。

おわり

この素晴らしさを是非みんなに知ってもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA