Philips HueやパナソニックLEDで自宅のライトを自動化する

screenshot

Philips Hueを使えば簡単に自宅のライトをスマートフォンやスマートスピーカーから操作が可能になります。また、小規模な範囲であればパナソニックの人感センサーLEDがおすすめです。

家全体のLEDをスマートフォンやスマートスピーカーから操作する

Wi-Fiからコントロールできる電灯はいろいろ試しましたが、Philips Hueが最も安定して動作します。これはPhilips Hueで使うブリッジがネットワークに有線で接続されており、各電灯をコントロールします。また、各電灯自身が中継機の役割を担っているので、密接に結合することで安定動作しているのではないかと思います。

ルーティーンが設定できる

簡単な自動処理ができます。

  • 朝起床時間になったらライトをONにしてくれる
  • 家に近づいたら自動でライトをONにしてくれる
  • 家から離れたら自動でライトをOFFにしてくれる
  • 日の入りの時間に自動でライトをONにしてくれる
  • 日の出の時間に自動でライトをOFFにしてくれる

スマートスピーカーから操作できる

スマートスピーカーはAmazon Echoがコストパフォーマンス的に最もおすすめです。(Google Homeのほうが性能はいいですが、とても高価なので家中に設置することはできません。)

スマートスピーカーに接続すれば以下のようにコントロールできます。

  • アレクサ、リビングのライトをON
  • アレクサ、リビングのライトを100%
  • アレクサ、リビングのライトを電球色に

Google Homeを利用する場合は、アレクサの部分をOK Googleに置き換えて利用できます。Androidを持っているなら、スマホだけでも接続しておくと良いです。Amazon Echoに連携しつつ、AndroidのGoogle Homeにも平行して連携が可能です。

モーションセンサーを使う

モーションセンサーというものがあり、これは動体検知をしてライトをコントロールします。人がいるのを感知している間ライトがつくので、リビングに置いておけば、リビングに人が来るだけで点灯できます。

私の家にこれを置いているのですが、声でライトをコントロールすることはほとんどなく、全てモーションセンサー頼りです。

このモーションセンサーは

  • 夜だけ動体検知したら点灯
  • 深夜は動体検知したら夜間照明を付ける
  • 昼間でも明るさが十分ないときは動体検知したらライト点灯

などの細やかな設定が可能です。

モーションセンサーの裏には強力な磁石が付いている他、机の上にも置けますし、ネジで壁に固定することもできます。

なお、動体検知は少し離れていたほうが反応がよく、あまりにも近くで人が動いても反応しません。トイレやお風呂場などのライトとしてPhilios Hueを設置してモーションセンサーで感知させるのは難しいのでおすすめしません。これについての対策は後述します。

特定の範囲だけの動体検知ならパナソニックの人感センサーLEDを使う

パナソニックのLEDの人感センサーはとても強力で着実に反応します。電球あたりのコストもPhlips Hueと同価格帯で高すぎる事もありません。

トイレやお風呂場のような人がとても近いところで動き回る場合かつ、昼夜問わず人が来たら必ず点灯するだけで良いというシンプルな場所には、この電球が一番です。

複雑な設定は一切できないので書くこともありません。強いてあげるならよくない点として、トイレに長いこといると電気が消えることです。1分くらいで消えるのかな。定期的に動き続ける必要があります。個人的にはトイレで踏ん張ってるだけなら明かりは必要ないので気にしていないです。

おわり

自動化したことで私は

  • 家から出たあとに家の電気を消し忘れていたことに気づいても外からOFFにできます。
  • トイレの電気を消し忘れるという概念がなくなります。
  • 明るい時はライトがつかないようにできるので電気代を節約できます。
  • 寝てからリビングの電気を消し忘れたことに気づいたとしてもスマホからOFFのにできます。
  • 暗い部屋に帰るのが嫌でも時間指定で自動でONにしたりできます。

みたいなシーンでとても役立っています。こんな世界があるのかと皆さんにも知ってもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA