BoseとAirPods Proのノイズキャンセル性能を踏まえて比較

ノイズキャンセル性能はBoseに比べて一段劣るが、それに対して目をつぶっても良いほどに最高のイヤホンでした。

独立型

Boseのノイズキャンセルはネック型になっているのが難点で、ノイズキャンセルしたいシーンでも付けるのが面倒臭いので我慢するといったこともあったが、AirPods Proなら簡単に付けられるので、その点のストレスがないことが非常に良い。

布団で寝ながらつけられるのもいい。ネック型だと首が痛くてつけられない。

ハードウェアからモード切り替えできるのが良い

Boseのイヤホンの場合はスマホのアプリから外部音取り込みをきりかえたりする必要があるので、誰かに話しかけられたり、話しかける時は、いちいちアプリ操作したくないので、イヤホン自体をはずすような運用をしていたが、AirPods Proならボタンを長押しするだけで即時切り替えられるので、そのストレスもない。

Androidだとファームウェアアップデートができない

BoseはAndroidでもファームウェアアップデートのようなことができるが、AirPods ProはApple製品だけを対象としているので、接続したらAirPods Proの情報が分かるみたいなこともないし、ファームウェアアップデートもApple製品に接続しないとできないらしい。

Androidでも制御できるアプリ的なものを出すことはできると思うので出してほしい。イヤホンそのものはBose超えを果たしていると思うんだよね。だからApple製品だけでしか使えない感じにするのはもったいなすぎる。

おわり

個人的にAppleアンチなのですが、今世界で一番最高のイヤホンはAirPods Proで決定かなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA