iPad miniでマウスを使ったらハイスペック小型ノートPCになった

最近マウスがつながるようになったので繋げてみたら革命です。

キーボードと画面の往復がなくなった

スマホやタブレットでは画面上の操作をタッチでやらなければいけないから、キーボードをつけてみても、キーボードと画面をいったりきたりして作業になりませんでした。だからいつもノートPCを持ち歩いてました。

マウスでiPad miniがハイスペック小型ノートPCに

先日iPad miniにマウスをつけてみたら、キーボードで打ちながらマウスで画面を操作するのが楽になって、これはもはや小型PCですな。これなら情報収集や作業効率も確保できて、机のスペースもあまり取らないので、どの場所にいても素早く作業できる状態を作ることは大事です。

おわり

そもそもキーボードもマウスいらないのでは?という意見もあるかもしれませんが、個人邸んはどう考えてもキーボードとマウスで作業したほうが楽というか作業量が段違いです。

私としてもスマホだけで作業するほうがスタイリッシュで好きですが、スタイリッシュさはもうこの際どうでもよくて、速く作業を終わらせて、遊んで寝たい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA