Rustの整数リテラルで数値をアンダースコアで見やすくする

数値の中でアンダースコアが使えるので、定数を定義するような時とかに使って見やすくできる。巨大な値とかだと0の数わかんなくなりそうになったりするので嬉しい。

fn main() {
    let a = 100_000_000;
    let b = 100000000;

    assert_eq!(a, b);
}

https://doc.rust-jp.rs/book/second-edition/ch03-02-data-types.html#a%E6%95%B4%E6%95%B0%E5%9E%8B

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA