GCPのUbuntuのVMインスタンスに追加ディスクを接続する

以下はGUIでいけます

  1. GCPの管理画面から永続ディスクを作成
  2. VMインスタンスに作成したディスクを接続
  3. VMインスタンスの再起動

ここからCUIでいきます。まず、接続されたディスクの情報を以下で調べる。

sudo lsblk -f

フォーマットする

sudo mkfs -t ext4 /dev/sdb

以下のようにして起動後にマウントするようにします。これはUUIDがxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxxというディスクを /hoge にマウントするという例です。末尾に突っ込めばそれで良いのでecho hoge >> /etc/fstab でもいけるかも。

UUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx       /hoge   ext4   defaults        0 0

メモ

一時的なマウントであれば

sudo mount /dev/sdb /hoge

でいけて、フォーマットされていなければ

mount: /hoge: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb, missing codepage or helper program, or other error.

と言われる。 あと、Ansibleで設定できるようにしたいし、ディスクの付け替えも考慮していろいろ知識を蓄積していきたい。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA