Fitbit Versa 2からAndroidを探す

screenshot

Find My Phone with Fitbitを使えばFibit Versa 2からスマートフォンを探すことができます。

自宅の中でスマートフォンをなくした時は自分の腕にあるFitbitからFind My Phoneを起動してタップするだけ。ただし起動しないことがたまにある。おそらく近くにないとだめなのかもしれない。

マンションのエントランスと玄関鍵の自動化

まあまあできるみたいだがスマートとは言えない。

玄関の鍵

Qrio Lockなるものを使えば可能らしい。SONYの関連企業らしく安心はできるが、レビューを見る限りはうまく反応しない時があるとか。Philipsあたりがこういうの作ってくれればいいんですけど。ただQrioよりもセサミが良いような印象を受けますな。ただ近日Wi-Fi対応予定みたいな感じで製品は未完成のようにも見えたので紹介はなし。

エントランス

鍵の中身を取り出しApple Watchに縫い付けるツワモノもいました。恥ずかしながらこの方法をパクらせて頂きました。これでスマートウォッチでエントランスが突破できるぞ(違う)

どうしても正攻法?で行くなら

Switch Botを使って、マンションの解錠ボタンを外から押せるようにし、エントランスからは自宅の番号を押すという複雑な方法でも開けられるみたい。ただギミックが複雑すぎる。

Google Photoの共有アルバムは誰でも閲覧できるURLが発行される

Google Photoで旅行に行った時に「福岡旅行アルバム」のようなものを作って家族に共有したとする。その時、そのアルバムには一般公開できるURLが発行されるので、万が一そのURLが漏れると誰でも閲覧できる状態になる。この機能をOFFにするとアルバムは共有できない。

共有アルバムの設定からオプションをクリックするとこのように書いてあった。

共有
リンクを知っているユーザーであれば誰でも、写真、アルバムに招待されたユーザー、アルバムに参加しているユーザーを表示できるようにする

Googleのヘルプページにも書いてあった

重要:
写真やアルバムを共有すると、共有相手にリンクが送信されます。共有リンクを知っている人は誰でも、共有したアルバムや写真を閲覧できます。フェイス グループの写真が自動的に追加されるアルバムを共有すると、アルバムへのリンクを知っているユーザーは誰でも追加された写真を閲覧できます。

まあ推測も不可能なので、気にする必要は通常ないと思うが、万が一に備えたい(私のような)人は、アルバムを作成せずに写真単位で共有する方法を使うと良い。

特定の写真を選択して共有する場合は、その人の名前のスレッドが作成され、そこで会話しながら写真を共有できるようになる。この写真郡には共有URLがないので、大丈夫なんじゃないかなーと思います。

AndroidでGoogle Photoに画面保存やダウンロードしたファイルを含める

なお、設定ページからいきなり4に行くこともできます。

  1. Google Photoを起動する
  2. 左上のメニューをタップ
  3. 設定をタップ
  4. バックアップと同期をタップ
  5. デバイスのフォルダのバックアップをタップ
  6. 同期したいファイルを選択する

例えばTwitterのアプリが入っていると、Twitterのファイルを同期できるようになったりできますし、他の監視カメラアプリからダウンロードした動画データなどもGoogle Photoで管理できるようにしたりできます。

Fitbit Versa 2でLINEやSlackの通知を受け取る

1. まずFitbit Versa 2の設定ページへアクセスします。

2. 下にスクロールしていくと通知オプションっていうのがあるので、そこをタップ。

3. 次にアプリ通知をタップ

4. 通知を受け取りたいアプリにチェックを入れます。

Fitbit Versa 2をGoogle Pixel 3と連携して使ってみた

Fitbit Versa 2を買ってみました。

私はGoogle Pixel 3ユーザーなんで、それに連携しています。まずはなるべく特殊な設定はせず、デフォルトのプレーンな状態で使ってみました。以下簡単なレビューです。

基本機能はしっかり動く

心拍数、天気情報、時間表示、アラーム、睡眠グラフなどは完璧に動作します。

バッテリーが長持ち

しかも5日間バッテリーが持つので、連日の使用にも耐えられる。

アラームが良い

スマートアラームという機能がFitbit Versa 2にはあって、指定した時間が来る前の浅い眠りの段階でアラームをかけて起こしてくれます。これは素晴らしいはず。(今までFitbitに起こしてもらったけど、別に気持ちよく起きられるような感覚はなかった。多少ましになっているのかな。)

あと、通常のアラームもすべてFitbitに移行しています。スマホとかに毎朝8時に目覚ましを設定していたが、たまに速く起きて電車にのってしまい、電車の中で爆音の目覚ましがなるといったことがあると思いますが、Fitbitに移行したことでこういう恐怖と戦う必要がなくなりました。

おわり

やっぱりウェアラブルデバイスはいいですね。体に機能を付与するって感じがします。アラームは本当にいいですね。アラームいいですよね?

今の所搭載されているAlexaは実使用に耐えられず、通知も安定していないので、それらについては改善次第別の記事でレビューしたいと思います。なかなか情報ないですね。

ポイントカードをすべてスマホに入れて管理するのおすすめ

ポイントカードとか大嫌いなんですけど、ある日プチッとキレて、こうなったらすべてのポイントカードを持ち歩いてやろうと思って持ち歩いていました。

超大型のカードケースを常に持ち歩いてたんですけど、どうやらスマホで持てばいいということに気づきまして、すべてスマホで管理しています。

私が入れているポイントカードは以下。

  • ビックカメラ
  • AOKI
  • 楽天ポイントクラブ
  • CooCa
  • dポイント
  • ニトリ
  • Pontaカード
  • ヤマダ電機
  • Tポイントカード

ライフやローソンばかり使うので、Pontaカードの使用頻度が高いです。マクドナルドでRポイントカード出すくらいですかね。

BoseとAirPods Proのノイズキャンセル性能を踏まえて比較

ノイズキャンセル性能はBoseに比べて一段劣るが、それに対して目をつぶっても良いほどに最高のイヤホンでした。

独立型

Boseのノイズキャンセルはネック型になっているのが難点で、ノイズキャンセルしたいシーンでも付けるのが面倒臭いので我慢するといったこともあったが、AirPods Proなら簡単に付けられるので、その点のストレスがないことが非常に良い。

布団で寝ながらつけられるのもいい。ネック型だと首が痛くてつけられない。

ハードウェアからモード切り替えできるのが良い

Boseのイヤホンの場合はスマホのアプリから外部音取り込みをきりかえたりする必要があるので、誰かに話しかけられたり、話しかける時は、いちいちアプリ操作したくないので、イヤホン自体をはずすような運用をしていたが、AirPods Proならボタンを長押しするだけで即時切り替えられるので、そのストレスもない。

Androidだとファームウェアアップデートができない

BoseはAndroidでもファームウェアアップデートのようなことができるが、AirPods ProはApple製品だけを対象としているので、接続したらAirPods Proの情報が分かるみたいなこともないし、ファームウェアアップデートもApple製品に接続しないとできないらしい。

Androidでも制御できるアプリ的なものを出すことはできると思うので出してほしい。イヤホンそのものはBose超えを果たしていると思うんだよね。だからApple製品だけでしか使えない感じにするのはもったいなすぎる。

おわり

個人的にAppleアンチなのですが、今世界で一番最高のイヤホンはAirPods Proで決定かなと思いました。